ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Kuching

アジアの仲間が動画を作ってくれました。丁度3日目に向かった猫の街クチンのライブ。ありがとう!

http://youtu.be/3YrSY9ldmK8


朝6時起床。朝8時の飛行機で移動だからバタバタの移動だったけど、運転してくれたラマンは、日本勢よりもっと寝てない。最後の最後までお世話になった!ありがとう。ラマンのバンドXRDMとFLIP OUT A.Aとのカップリングの予定も進んでるとの事。ぜひ来日して欲しいバンドだ。


201511230137347ed.jpg

ラマンとレイに見送られ、国内線で次の街クチンへ。

20151123013735cdf.jpg


空港ではユエンとバイが出迎えてくれた。

20151123014113635.jpg


ユエンの車に乗り込み、街を走っていると、隣に止まった若者がユエンに手を振っている。すごいな、ユエン!人気者だね?話してると、あれは教え子だと言う。ユエンの職業は大学の先生!一同びっくり。でも全く固くなく、音楽を続ける道を選んだら、自然に先生になっていたと話してくれた。
ラマンといい、ユエンといい、マレーシアパンクスは素晴らしい!

食事を済ませ、近くの川でボートレースをしているから見に行こう!

20151123013736165.jpg

現場はかなりの観光客が集まっていた。川沿いを散歩しながら観戦。歩いていると老夫婦とユエンの仲間に遭遇。老夫婦は奥様が日本人で、旦那さんが白人。旦那さんは日本にも住んでいた事がある有名な歴史研究者で、映画評論家らしい。黒澤明監督、五社英雄監督にも会ってインタビューした事があるそうな!凄いな、マレーシア!偶然の出会いに感謝だった。

20151123013738c82.jpg


猫の街で有名なクチン。いたる所に猫のオブジェ。野良たちもかわいい。

2015112301373915d.jpg


夕方まで休んでライブ会場に移動。2台に別れて今度はバイの車に乗った。伝統的マレーシア音楽がBGM。バイオリンと太鼓の奏でる音がとても気持ちがいい。バイパスぽい国道で、ほとんど高速道路みたいだ。

快調に見えたドライブ。いきなり車から異音!揺れ出す。パンクだ!路肩に止めてチェック。スペア無し!かなり走ったから、助けもかなり遅いだろうと、リハ無しライブを覚悟したが、意外に1時間も待たずユエン到着!全員に怪我がなかったのは、不幸中の幸い。本当に良かった。

この時にユエンが置いてゆく車に大きい枝を折ってボンネットに刺していった。マレーシアの事故車の目印らしい。

なんとか今日の会場AMING HOUSEに到着。 オーナーのマーはプロレスラー並みにでかい!しかも27歳。貫禄がありますね。

201511230146245f9.jpg


音出し終えて、ライブハウスの置いてあるフライヤーを何気無く見ると、なにやら、切り目を入れて折れ、みたいな説明書がある。しばらく読んでやっと理解できた!これはファンジンなんだと。本作りなどと、難しく考えず、自分達の好きな様、好きな事を世の中に紙に書いて出せばいいと!!

20151005002437fe0.jpg


20年近く、フライヤーをライブハウスで配ったり、貰ったりしてますが、どんなに高品質の紙を使っても、少し見て、捨てられるのがほとんど。この作り方なら、捨てられる前に散々読ます事が出来る!感動に震えました。また教えてくれる書き方が素敵だ!マレーシアスタイル。

いよいよライブ。今日はまた若い奴らが多い。話すと日本のケムリ、オールディックがみんな大好き。自分が15.16歳の時に地元で企画ライブしてた事を思い出す。集まって話してるだけで、最高に楽しかった。マレーシアのみんなが、元気に満ち溢れてるから、自分もあの頃のような気持ちになった。

しかし、なかなかなか!若い彼らの演奏がまた良かった!あのままガンガンライブを重ねて、続けて行ってくれたら素晴らしい事になるな。同じ歌をボーカル違いで三回やっていた。同じ様な事を自分らもしていたなあ。

夏に長期ツアーを敢行したたつやが、3日目あたりが一番辛かったと移動中に話してくれた。

今回のツアーも、ここクチンで3日目。毎日、毎日、次から次へ街が変わってゆく。移動の疲れも少し出てきた。今日のパンク事故はなんとかなったけど、この先はどうか?この後、ライブ5本、喉は持つのか?携帯が当たり前に慣れた今、wifiが無いと何処にも連絡が取れない。残してきた事は大丈夫か?不安材料がグルグル回る。

でも急に出番前に楽になった。どれだけ考えても、心配しても、答えは出ない。難しく考えず、あのフライヤーの様に、若い彼らの熱いライブのように、今目の前、この場所で、今日も汗だくになって、身振り手振りで話して、一期一会のみんなと身体ぶつけ合うのを、毎晩繰り返せばいい!飛び跳ねるFLIP OUT A.Aのライブ中、お腹に落ちてゆくのを感じました。

201511230152392b8.jpg


いざステージに上がるとみんな大歓迎!ステージには常に二、三人は登って一緒に歌ってる。灼熱のステージ、アンコールも頂いてぶっ倒れました。ドラムス、イヌイは熱中症寸前。シャワー完備の場所で本当助かりました。

20151123014626673.jpg


ライブ後はみんなで写真撮影会。こっちはぶっ倒れそうな暑さなのに、MA-1来て普通に騒いている子も居る。凄いなあ。未成年は、打ち上げ出ずにここでさようなら。みんな単車で闇に消えていった。ありがとう!クチンキッズ達!またね。

201511230152383c8.jpg


ライブハウスの並びにコインランドリー発見!急遽洗濯タイム。地元の人たちも多く利用してた。みんなフレンドリーで嬉しい。近所なら、単車に嫁、子供2人乗せて、ノーヘル当たり前みたいな感じでした。

20151123014627f00.jpg


ライブハウスはまだライブの余韻熱もあり暑い為、上半身裸でもok。誰かがギター弾きだして、ここでもアコースティックライブスタート。マージナルも何度か来ている場所で、みんなでマージナル大合唱。みんな歌えるのが凄い。素晴らしい事だ。

201511230146233ef.jpg


今日の寝床は、ライブハウスの中。オーナーのマーが、最後まで起きて、PCに向かい今日のライブの写真や動画をまとめてくれてた。クチンありがとう!これて良かった。

ハンディカムカメラの充電だけ確保して、寝れる隙間を探して倒れこんだ。

スポンサーサイト

2015/11/23 01:32

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。