ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール) ENDROLL(エンドロール)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

四十九日


12/25無事に父の四十九日が終わり、お墓に納骨が出来ました。

20161230202439f91.jpeg


父は昭和10年生まれ。子供の日に生まれて、戦争の時に、大阪から松阪に疎開で移り住みました。大学卒業後、教員を15年務め、ガン手術をキッカケに建設会社に転職。退職後はカメラに目覚め、毎年シベリアに渡る白鳥が、北海道に来ると車に泊まりこんで、一ヶ月から二カ月間撮影に出かけるのが毎年の恒例行事でした。ニコン主催で個展を、杖をつきながら新宿と松阪で開催。

20161230202441b03.jpeg

201612302024402f9.jpeg



11月、東京在住中最後のレコーディングが終わってすぐ連絡を貰い、再会した父はまるで眠ってるだけの様で、非常に安らかな顔でした。今年2月からずっと入院生活、もう食べる事も、自分で起き上がる事も出来ず、ただ点滴で生きている状態。手が動き続ける限り、書いたメモには、びっしり生きる言葉を残してくれました。

告別式の朝、親戚が京人形を持ってきてくれ、

「今日は友引やから、一緒に人形をいれやなあかん」

全く知りませんでしたが、友引に葬儀をする時は棺に人形を入れるものなんですね。静岡では友引は葬儀場が休みだと、エイジが話してくれました。

この京人形が本当に美しい舞妓さんの人形で、全く知識がない自分が見ても、良い人形だと感じる何かがありました。

火葬前の葬儀場、何か昨日の通夜とは雰囲気が違います。なんだろう、日が昇ったからかな、なんだろう、、なんだろう、、

あの人形さんが棺の横に飾ってあるからだと、気がついたのはお坊さんの読経中でした。位牌の隣で美しく佇む人形、あの厳格で、頑固な父があんな美しい京人形と一緒に旅立つ違和感と、これからの道のりが、一人旅では無いのだなという安心感が混ざっていました。

このあたりから、頭の中で変わった映像が流れだす。疎開で混み合った列車に乗る少年の父、学生時代の父、母とワーゲンでドライブする父、教員の頃の父、建設会社で働く父、屈斜路湖畔で白鳥を撮り続ける父、色んなシーンが全て舞妓さんが側に居る映像。

最後の出棺の時まで、火葬される最後のドアが閉まるまで、舞妓さんに導かれていく父の不思議な映像が続きました。これが、伊坂さんの小説なら京人形は死神の使いとかになるのかもしれませんが、何者でもいい、心から京人形にありがとうが言いたい。父を安らかに見送れました。

父の骨は真っ白。焼けた骨を係の人が、「顎の骨です」「肋骨です」とひとつひとつ取り出して順番に納めていく中、自分の番に納めたのは嚙り続けたスネの骨。今度は娘に、嚙ってもらえる様に頑張ります。

葬式の後、古いアルバムの新婚旅行の日付けを見ると11月。母も慌ただしくて気がついて無かったでしたが、ちょうど50年目の結婚記念日に父は旅立ちました。

201612302024386a6.jpeg


クリスマスに四十九日、バレンタインデーに百か日。イベント毎に父を思い出す事になります。熱のうわ言で京都にいかなあかん、とよく言ってたと母に聞きました。どうして京都なのかはもう分かりませんが、京都に家族旅行に行く理由が出来ました。 アイヌの人とも仲良くなり、シマフクロウが撮れるポイントも教えて貰っていました。屈斜路湖にもいつか行って、お世話になった人達にも会いに行きたい。

201612302024420f1.jpeg


病院で最後に話した会話は

「ケチケチすんなよ」

心に常に置いて、松阪での新しい生活に活かしていきたい。

今年一年、お世話になった皆様、ありがとうございました。家族、皆元気で暮らしています。

喪中の為、新年のご挨拶は出来ませんが皆様、よいお年を。来年も宜しくお願いします。

スポンサーサイト

2016/12/30 20:25

2016


新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。

201601102256504da.jpg

2016はミニコミRUNがスタートしました。もちろん、無料、freeです。手探りと勢いだけで001がスタート。原稿を寄せてくれた瀬戸内ボインさん、akitsuさん、手伝ってくれた皆さんありがとう。試行錯誤、転がしながら、楽しみながら、作って行きます。


-RUN-001

2016 first issue 001

1.明東十自

2.海七の映画万歳

3.goodtime music akitsu's select

4.瀬戸内ボインの閲覧注意

5.東南アジアツアー記

6.海七版画

7.LIVE2016

【裏面】

新春創刊号特別付録※

2016バンドスゴロク

20160110225652a18.jpg

お正月に自分でやりましたが、なかなか!ルールはその時のメンバー次第。ROCKET物販、縁あるスタジオやライブハウスに置かせてもらってます。気になる人は見てみてください。

ブログ上ではまだマレーシア。随分書き留めるのに時間がかかり過ぎてますが、大きな糧になった東南アジアツアー。今年もUPしていきます。

まずは1/11!一番目にROCKET初発射です。


1/11(月) 新大久保EARTHDOM

HEAVEN "ロックンロール天国"

jajouka
ROCKET
JABARA
KIRIHITO
THE DEAD PAN SPEAKERS
NEPENTHES

OPEN 18:00
START 18:30
前売 1800円
当日 2100円
(別途ドリンク代 500円)

EARTHDOM
にて前売り発売

20160110230300823.jpg

2016/01/10 23:05

Kuala Lumpur




20151213005234be5.jpg
20151213005236912.jpg
201512130052384f0.jpg
20151213005408b6b.jpg

クチンの皆さんに見送ってもらい、いよいよ今日はマレーシア首都クアラルンプールでライブ。しかも今日は同時期に東南アジアツアーを回っている、LIFE.REALITY CRISIS と合流ライブ。他のライブ会場はどんなか、食べ物はどうか、トイレはみんな大丈夫か、話すのが楽しみだ。

マレーシアのトイレには紙がない。空港や大きい施設には、簡易シャワーが付いていて、それで流す。街のトイレに入るとバケツに水をくんで、手で洗う。10年前に旅行で行ったタイと、カンボジアでも紙がなかった。でも慣れてくると、大きいウォシュレットみたいで楽勝でした。

マレーシアの料理は、思い切り辛いかと想像してましたが、そうでも無く、カレー風味が多かったです。

コーヒーが、格別甘い!普通に頼むと、練乳が入ってる様にすたすら甘い。ブラックとメニューに書いてあるので注文しても、ミルク抜きなだけで砂糖はバッチリ入ってます。綴りもcoffeeでは無く、kopi、コピーでした。

冷蔵庫の様に冷えたエアアジアで無事、首都クアラルンプールに到着。空港ではジョーさんが迎えに来てくれていた。

20151213005409b81.jpg


ジョーさんは今回のツアー実現には欠かせない人物。Carburetor Dungのギタリストで、1976年にイギリスに行ってた兄の影響でパンクに魅了され、マレーシアにパンクを普及させた人。後バンド以外でも大手新聞で、コラム書いてたり、国から取材の援助金を受けアジアのパンクの文化、歴史を研究、執筆中。マレーシア国内、東南アジアではかなりの有名人。

76年当時、punkを知っている人は東南アジアで3人しか居なく、文通してレコードを交換したり、少しずつライブを増やしてシーンを作った東南アジアのパンクゴッドファザー。

クアラルンプールに滞在する3日間を奥様のイランさんのアトリエを我らの為に空けてくれていた。8人寝ても全く狭さがない広さ。有難い限り!街並みも素敵なところだ。

20151213005646b3f.jpg

荷物を纏めて会場へ

20151213010132195.jpg


移動中、街を見てると、クアラルンプールのビル、マンションは本当にデカイ。東京のタワーマンションも大きいが、こっちは団地がタワーマンション二つ分くらいある。

市街の工場、倉庫地帯の様な場所を曲がると、punkだらけ!50人前後が溜まっている。今日のライブ場所に着いた。中に入ると早速LIFEのメンバーに合流!まさかマレーシアで合流ライブ出来るとは!バンドを続けてよかったと思った瞬間でした。

20151213010133693.jpg


会場中も、外も人だらけ。昔、16歳の時、見に行った京都の西部講堂の雰囲気を思い出した。今日はマレーシア、日本、オーストラリアのバンドが集まるフェスだ。3人の企画者の話し合いで、一緒にする事が決まったと教えてくれた。初日のクンダサン、2日目コタキナバル、3日目クチン、どこも素晴らしいライブだったけど、全てはここ、首都クアラルンプールに向かって進んでいた事を感じました。

街を流れるクラン川とゴンバック川の合流点、そこをクアラルンプール、「泥(lumpur)が合流する場所(kuala)」名前の由来も合流のクアラルンプール。今日のライブにぴったりだ。

20151213010138795.jpg

入り口すぐの階段に物販スペースを設置。スタート16時だけどもう18時。まだ始まらない。まだ到着していないバンドもいて、ROCKETの出番は急遽繰り上がって2番目。


出ていくともの凄い数のフラッシュ!歓迎の熱気はここも凄い。汗だくになって、日本語の歌をいろんな国の人と共有する事、一緒に楽しむ事が、ただただ嬉しかった。

20151213010136664.jpg
20151213010134509.jpg


ライブ終了後、沢山の人が話しかけてくれた。全部は理解出来ないが、良いのはわかる。首都クアラルンプール、最高の感触だった。

FLUP OUT A.Aもいきなり初っ端からナオキが捻挫するも、最高のステージ!この頃から会場の温度はもの凄い事に。そして深夜0時過ぎ、LIFE、続いて、REALITY CRISIS、会場内にいるだけで汗だく。大盛り上がりで、感動の合流地点、クアラルンプールのライブが終わった。

20151213011038216.jpg
20151213011039513.jpg

2015/12/13 01:19

誕生

元気な女の子が誕生してくれました。温かく見守り応援して下さった皆さん、病院の皆さん、職場の皆さん、本当に有り難うございます。

2015120922403855c.jpg


産まれた時、東京のくもり空が晴れて、とても綺麗だった事を、いろんな想いで、見てた事を、大きくなってから話したい。

20151209224040a03.jpg

20151209224041f3c.jpg

精一杯頑張ります。

20151209224341ea8.jpg

2015/12/09 22:47

Kota Kinabalu

201511092340265e1.jpg
2015110923402708b.jpg

鶏の声で目覚めると抜ける青空、まさに晴天!夜は見えにくかったキタバル山もくっきり。とても人懐こい猫たちも気持ち良さげだ。

201511092340285a0.jpg


みんなで記念撮影。最高のツアー初日をありがとう!タリマカシー!

20151109234706459.jpg


クンダサンを後にして、二箇所目に向けてバンは山道を進む。運転してくれてるラマンが温泉に寄ってくれた。気温が高くて露天だから温泉プールの様だ。少し山道を歩くと、滝もあるからそこも行こう!

20151109235203ecb.jpg

ジャングルもあるから遊んだ方がいい!

20151109235204b50.jpg

20151109235205bee.jpg


男8人で、観光バックパッカー状態。12日間で8箇所だからかなりタイトで、過酷な旅を予想してたけど、ラマンのナイスガイドで皆の緊張もほぐれました。

コタキナバルに着いてまずモーテルにチェックイン。まだまだラマンのナイスガイドは終わらない。最後に一同でボルネオ島の海へ。一日の内に温泉に入り、滝に打たれて、海で泳いだのは人生初の体験だ。

20151109235740fb2.jpg


ボルネオ島の東に位置する海だから向こうはフィリピン。祖母の弟さんが亡くなった海が近い事に気がついて、夕陽の海に手を合わす。いつかレイテにも向かいたい。沢山の想いよ。どうか一緒に見ていて欲しい。

20151109235741131.jpg


ボルネオの自然を満喫してから午後七時頃、会場入り。今日はマレーシア3バンド、日本2バンド。出だしのCondown The Corruptorはドラムの他にツインジャンベ。マージナルが好きそうだ!日本語の「さよなら」が歌詞に出てくる歌、嬉しかったし熱かった。

20151113232437bff.jpg


そして我らがラマンがギターを弾くXRDM!女性シンガーかガンガン前に来て客をのせる。ラマンの切れがあるギターがまたいい。運転、ガイドしてくれる時とは違うステージの顔。バッチリの演奏だった。

次は若手Jethroes。アフロのベースで少しサイケ風だったり、ロックンロールだったり。こういうバンドも居るんだな、マレーシアもいろんな要素、ジャンル関係無く、一緒に演奏するのが妙に嬉しかった。

2015111323114073e.jpg


アフロ「今日のステージ衣装を俺にくれないか?」

俺「これを渡すと、この続きツアーに着る服がない」

アフロ「そうか、でもNISHIはピックをくれたぜ」

俺「したらステッカーをやる」

なかなかアフロ、人懐こくて面白い。あとで、西くんに話すと、ギターをくれないかと言われたそうな。ちなみにマージナルがツアーした時は、ステージ衣装から何から何までプレゼントして、ライブ後はパンツ一枚だったそうです。流石です。

いよいよ自分の出番。ギチギチに人が入ったスタジオの後ろから、かき分けてステージへ。正直ステージに上がるまで、どういう反応が返ってくるか、全く予想できなかった。ただやれる事を全力でやるしかない。時間を作り、飛行機を乗り継ぎ、この為にやってきたんだ。

一曲目からコタキナバルの皆の全力のパワー受けて、スイッチオン。上から下まで汗でずぶ濡れ。倒れそうになるくらいの最高の歓迎を受けた。

急いでサウナ化したスタジオから出ようとすると、すぐ次FLIPOUTの番だ!俺にはやるべき事がある。また灼熱のステージに戻り、ドラム隣からビデオ撮影。立ってるだけで汗だくになるカオス状態の中、ガッチリ飛ばしてくれました、FLIPOUT A.A!熱量バッチリの良い映像が撮れましたよ。

20151113231143908.jpg



ライブが終わるとすぐ物販スペースへ。EPの売り上げが非常に良かった。CDも売れたけど、マレーシアの音源は、レコードかテープが主流な印象です。

マレーシアの版画先生、バムとも初めて対面!来てくれたのが本当に嬉しかった。身振り手振りで話していると、バムの隣の人がROCKETのTシャツを着ている!しかも字がデカイ。聞いてみると、自作で作ってきたと話す。VIVISICKフライヤーでお馴染みの画家アグースだった!しかもデザインまで書いて持ってきてくれた。ありがとう。

20151113231405c27.jpg
2015111323140774d.jpg


20151113231141495.jpg

近くの食堂でみんなで乾杯!打ち上げ中にアラマイティの意味を聞いてみた。ボルネオ島の古くからある掛け声で、どんな事があっても仲間と、元気を出すための歌なんだと話してくれた。アラマイティ!以後マレーシアのライブMCでは必ずアラマイティ!ライブハウスに入ったらアラマイティ!知らない相手でも、アラマイティだけで、まずコミュニケーションの入り口になる。素晴らしい言葉だな、とボルネオ島本場でつくづく感じました。東南アジアツアーを、何回もいっているVIVISICKが、ASIA IS BURINGという歌でコーラスにアラマイティ!を入れた訳がわかった気がしました。

aramaiti!

201511132317370b4.jpg


大自然、灼熱、汗のずぶ濡れ、ツアー2日目、モーテルで深夜就寝。

2015/11/13 23:27

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。